【難易度は?】小室圭が再び不合格!ニューヨーク州弁護士試験を調査!

眞子さんと結婚した小室圭さんが、ニューヨーク州弁護士試験に再び不合格となり、話題になっていますね。

Katsumi
昨年に続いて落ちちゃったのね。

そうですね。

今回で2回目の不合格となりました。

Katsumi
そんなに難しい試験なの?

気になりますよね。

そこで今回は、ニューヨーク州弁護士試験の難易度について調査しました!

小室圭が再び不合格【ニューヨーク州弁護士試験】

小室圭さんの不合格ニュースが飛び込んできたのは、2022年4月15日のことです。

米ニューヨーク州司法試験委員会は14日(日本時間15日)、2月22、23日に行われた試験の合格者リストをサイトで公表したが、「K」の欄に、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さん(30)の夫、小室圭さん(30)に相当する名前はなかった。この日公表された名簿が合格者全員を網羅しているかは不明だが、またも不合格だった可能性がある。

引用:日刊スポーツ

Katsumi
不合格と報道されている訳じゃないんだね。

実際には、不合格は ほぼ確定だと思いますよ。

ただ、万一にも誤報が許されないので、各ニュースとも「合格者リストに名前がなかった」と報道していますね。

Katsumi
気を遣ってるんだ!

皇族の結婚相手ですからね。

小室圭さん不合格の報を受けて、手厳しい意見が相次いでいますよ。

賛否はさておき、日本国民の関心が高いことは間違いなさそうですね。

Katsumi
確かに〜

ニューヨーク州弁護士試験の難易度は?

さて、本題に入りましょう。

Katsumi
小室圭さんが受験したニューヨーク州弁護士の難しさね。

そうです。

ニューヨーク州弁護士試験を超簡単にまとめると・・・

ニューヨーク州弁護士試験

  • 試験は年2回(7月と2月)
  • 400点満点で266点以上で合格
  • 受験資格を満たす限り、何度でも受験可能

合格率はこんな感じです。

初めての受験での全体(外国人を含む)の合格率は78%で、外国人の場合は、46%です(2021年7月実施)。

引用:伊藤塾

ただ、外国人(米国人以外)の再受験での合格率は、さらに低くて30%程度と言われていますね。

ちなみに、日本の司法試験の合格率は約30〜40%です。

Katsumi
じゃあ同じくらいって感じね。

制度が違うので一概に比較はできないですけどね。

日本だと、もっと合格率が低い資格がたくさんありますよ。

Katsumi
例えば?

例えば、公認会計士とか司法書士とかですね。

参考までに、日本で有名な国家資格の合格率を表にまとめてみました。

資格名 合格率
公認会計士 10%
司法書士 4%
税理士 15%
弁理士 8%
不動産鑑定士 14%
総合無線通信士1級 7%
中小企業診断士 4%
ITストラテジスト 14%
社会保険労務士 7%
Katsumi
どれも難しいんだね・・・

繰り返しにはなるけど、合格率だけで難易度は分からないから気を付けてくださいね。

日本の司法試験は合格率40%と一見高く見えるけど、「法科大学院(ロースクール)」に通っていることが前提なので、そもそも大学院試験にパスしないといけません。

Katsumi
ニューヨーク州弁護士試験は?

日本と同様にやはりロースクールが条件ですよ。誰でも受けれられる資格ではありません。

ちなみに、医師試験は合格率90%ですが、6年間医学部で勉強することが前提になるので、全然簡単じゃないですね(笑)

Katsumi
受験資格も見ないといけないね。

小室圭はこの先どうする?

出典:デイリー

Katsumi
今回も不合格で、小室圭さんはどうするんだろうね?

法律事務所で働きながら、また次回(7月)頑張る、ようですよ。

ニューヨーク州弁護士試験は受験回数に制限がないですからね。

小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と伝えたことがわかりました。

引用:NHK

しかも、今回は合格点に5点足りなかったということも明らかになりました。

Katsumi
惜しい!

次回は合格できるのか、小室圭さんの今後に注目です!