【動画】モンスターアイドルのカットシーンの内容が判明!クズすぎて笑えない

水曜日のダウンタウンの企画『モンスターアイドル』の第4話にて、クロちゃんの行きすぎた言動があったため、一部シーンがカットされました。

水曜日のダウンタウン自体が今の時代には結構過激な番組で、コンプラギリギリな部分もあるのに、カットシーンがあるなんて珍しいですよね。

モンスターアイドルのカットシーンの真実を暴露していたYouTube動画があったので、クロちゃんが何を話していたのかをまとめました!

モンスターアイドルのカットシーンの内容が判明!

モンスターアイドルでクロちゃんの行きすぎた言動がカットされましたが、一体クロちゃんは何と言っていたのでしょうか?

 

YouTuberのニトロというチャンネルで、カットシーンの真相が明かされています。

動画を観れる方はこちらからどうぞ↓

動画では、この話を信じるか信じないかはあなた次第と前置きしつつ、TBSの社員にクロちゃんのカットシーンを聞いたそうです。

文字起こしもしているので、動画が見れない方は次へどうぞ!

【全文】モンスターアイドルのカットシーン・行きすぎた言動の内容がゲスすぎる

ここからはモンスターアイドルでカットされたシーンを文字で見て行きましょう。

【おさらい】カットされる前のシーン

カットされる前のシーンを覚えている方は、読み飛ばしてもオッケーです!

まずカットされる前のシーンですが、ナオがクロちゃんの事をどう思っているか聞き出すために、アイカがスパイとなってナオの本音を聞き出します。

ナオの本音を聞いたアイカがクロちゃんに密告し、クロちゃんがナオに裏で色々言っている事を問い詰めます。

ナオはアイカにしか話していないことが、クロちゃんの耳に入っている事を不審に思い、ナオを問い詰めました。

 

メンバー同士の話し合いにクロちゃんが突然参加し、アイカがスパイだった事をメンバーに暴露。

 

クロちゃんがナオに『嘘つく奴は入れたくない』と発言。

この後に、『行きすぎた言動があったため一部シーンをカットしてお送りします』とテロップが出ます。

音声は全部カット、机には紙とペンがあり、メンバーは全員号泣という異様な状況です。

一体クロちゃんは何を言ったのでしょうか。

ゲスすぎるカットシーンの言動:ナオを罵倒、最低発言の数々

ナオに対するカットされた最低発言

『本当は僕のこと嫌いなんでしょ?

水族館で話した時、僕の一番になりたいって言ったのは嘘だったんでしょ?

本当最低だよね。

あの時の涙も嘘だったんでしょ?

演技派だわ〜騙されるところだったよ』

 

その後に、クロちゃんがナオへの罵倒を始めます。

『自分(ナオに対して)めっちゃ腹黒い

これまでもアイドル活動してきたんでしょ

偉い人に色目使って変なこともしてきたんじゃない?

簡単に股とか開いてきたんでしょ?

そんなことばっかやってるから今まで全然売れて来なかった

売れる人はそんなことしなくても売れるから』

 

その後もクロちゃんはナオを追い詰めて行きます。

『ナオは今僕に裏切られたと思ってるでしょ?

それはこっちも同じだからね』

 

クロちゃんの言い分では

  • むしろ自分は良いアイドルグループを作るために仕方なくスパイを送ってた
  • でもそっち(ナオ)は単純に人を騙す行為

と発言。

 

さらに『こんな嘘つき(ナオ)と一緒にグループやりたい人いる?』とメンバーに対して質問。

ナオと一緒にアイドルをやりたいと思う人に手をあげさせました。

 

しかし、空気的に誰も手を上げられず、全員が黙りました。

クロちゃん『ほら誰も手を上げてないじゃん

みんなナオちゃんとアイドル一緒にやりたくないんだってさ』

とナオの存在を否定するような発言を連発しました。

ゲスすぎるカットシーンの言動:矛先はアイカへ

次の標的はクロちゃんのためにスパイ活動をしていたアイカ。

『アイカちゃんもアイカちゃんだよ。

何でスパイ活動してることがバレるの?

後1日あるから、残り1日でアイドルになりたいからって良い顔されるかもしれない

アイカちゃんなんか使えないよ

 

クロちゃんはアイカのスパイ活動がバレたことを責め立て、『使えない』とまで発言。

ですが、アイカのスパイ行為がバレたのは、アイカしか知らなかったことをクロちゃんがナオに問い詰めたからです。

 

つまり自分のせいでアイカのスパイ行為がバレているのに、アイカに罪を全て被せていたそうです。

ゲスすぎるカットシーンの言動:カエデをデートに誘う

話はカエデに移ります。

アイカがカエデのクロちゃんへの本音を聞き出した時に、裏でも『意外とクロちゃんいけるかも』『(恋人として)なくはない』など、クロちゃんのことをポジティブに話していました。

クロちゃんは『カエデちゃんは僕のこと尊敬しているんだよね?アイカちゃんから聞いたよ』とカエデに話しかけます。

ですが、カエデはスパイをされていたショックと、場の空気により沈黙。

クロちゃん『僕のこと男としてもいけるんでしょ?』

それでもカエデは黙っています。

 

クロちゃん『そうだよね?アイカちゃん』と、スパイを行っていたアイカに質問。

アイカは小さい声で『はい・・・』と答えました。

 

ですが、言いたくないことを言わされたアイカは号泣。

クロちゃんはカエデに対して『明日2人でどっかデートしようね〜』と空気を読まずにデートに誘いました。

ゲスすぎるカットシーンの言動:最後はガチギレ

クロちゃんは歌い方をメンバーにバカにされていることを、アイカの報告で知っていました。

そのことに対してかなり怒っていたようで

『俺のこと笑い者にしてたんでしょ?』

『俺のことバカにするやつ本当に許さないから』

とマジトーンでガチギレしたそうです。

モンスターアイドルのカットシーンがゲスすぎる!メンバーに脱落者を決めさせた?

行きすぎた言動としてカットされた後に、号泣するメンバーと机に紙とペンが置いてあるシーンが放送されました。

 

なぜ紙とペンが置いてあったのかに関して言及されていませんでしたが、実はメンバー間で脱落者を投票させていたようです。

クロちゃんは『みんなは誰を落とすのがいいと思う?』とメンバーに問いかけます。

そして紙とペンに脱落してほしいメンバーの名前を書かせたというからびっくりです・・・。

 

アイカ以外の全員がスパイをしていたアイカを脱落者してほしい人の紙に書き、アイカはナオを紙に書いたそうです。

実は、あのカットされたシーンでクロちゃんは、“じゃあ、みんなは誰を落とすのがいいと思う?”と、候補者の女の子たちに問いかけたというんです。

もちろん4人の候補者はクロちゃんのスパイとして動いていたアイカを指名。

アイカ自身は他の女の子を挙げましたが、これまで一緒に頑張ってきた候補者たちに、落としたい人の名前を言わせ、仲間を売る、仲間割れさせるような展開に、女の子たちは追い詰められ、メンタルもボロボロに崩壊。

それで全員が号泣してしまったようなんです。

なぜここまでして女の子を追い詰めるのか理解に苦しみます・・・。

 

しかも、全員がアイカの名前を書いたにも関わらず、クロちゃんが落としたのはクロちゃんにキスをしたヒナタでした。

クロちゃんにとって女の子の意見はどうでもよくて、最初から落とす子はヒナタと決まっていたのでしょう。

 

クロちゃんの目的は、女の子同士の関係をめちゃくちゃにすること、おそらくは苦しむ顔を見ることだったのではないでしょうか。

本当にえげつないことばかりをしますね・・・。

 

ハナエさんは当時のことを、地獄絵図と表現しています。

見てもらいたい凄いシーンはどこのことを指すのでしょうか?

文字でしか見ていませんが、個人的には全部凄いシーンのような気がします・・・。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="2,4"