【由来は菜の花】原菜乃華(なのか)の本名は?小栗旬との関係についても調査!

子どもの頃は「おはガール」で活躍していた原菜乃華さんですが、現在は若手俳優として人気急上昇中ですよね。

2022年11月11日公開の、新海誠監督最新アニメーション映画「すずめの戸締まり」で主人公の声を担当しています。

ところで、原菜乃華(なのか)さんってかわいい名前ですよね、芸名なのでしょうか。

また、原菜乃華さんを調べてみると、小栗旬さんとの関係が取りざたされますが、どんな関係なのでしょうか。

そこで今回は、原菜乃華は本名なのか、小栗旬さんとの関係は?などを紹介していきます。

原菜乃華(なのか)の本名は?

原菜乃華(なのか)さんの名前は本名です。

小豆島に住んでいるおばあさんが、「菜の花」から取って命名しました。

小豆島にはなのは畑があり、原菜乃華さんのお母さんが菜の花が好きだったので、花を華に変えて「菜乃華」という名前にしたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

原 菜乃華(@nanoka_hara_official)がシェアした投稿

原菜乃華(はらなのか)

生年月日:2003年8月26日

出身地:東京都

身長:161㎝

特技:泣く演技、水泳

活動開始年:2009年(J-beansネットスカウトオーデションに合格デビュー)

原菜乃華さんは4歳くらいのときからモデル活動はしていて、2009年6歳の時にオーデションに合格して本格的に仕事を始めました。

小さい頃から可愛かったのですね。

演技力にも定評があり、顔だけでない本格派の俳優になること間違いなしですね。

原菜乃華(なのか)と小栗旬との関係は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

原 菜乃華(@nanoka_hara_official)がシェアした投稿

小栗旬さんは、原菜乃華さんと今まで3度共演していて、事務所の先輩でもあります。

  1. ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
  2. ドラマ「二つの祖国」
  3. 2020年10月30日に公開された、映画「罪の声」
  4. 所属事務所は「トライストーン・エンタテインメント」

原菜乃華と小栗旬の関係① ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」で共演

2017年4月11日から6月13日までフジテレビ系で放送された「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」のエピゾード2に、原菜乃華さんが出演しています。

このドラマは、小栗旬さん演じる主人公稲見朗や西島秀俊さん演じる田丸三郎が、国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう姿を描いた刑事ドラマです。

原菜乃華さんは、エピゾード2にドロレスという少女役で出演しています。

原菜乃華(なのか)と小栗旬との関係は?

出典:twitter

原菜乃華と小栗旬の関係② ドラマ「二つの祖国」で共演

2019年3月23日、24日にテレビ東京で放送された、ドラマ「二つの祖国」で主人公の天羽賢治役を演じた小栗旬さんの妹役の天羽春子を演じました。

原菜乃華と小栗旬の関係③ 映画「罪の声」で共演

2020年10月30日に公開された、映画「罪の声」で小栗旬さんは主演、原菜乃華さんは生島望役を演じています。

映画「罪の声」とは

原作は、塩田武士によるサスペンス小説「罪の声」です。

グリコ・森永事件をモチーフとした作品で、「第7回山田風太郎賞」を受賞しています。

グリコ・森永事件とは、1984年から1985年にかけて、関西圏で食品会社を標的とした企業脅迫事件のことをいいます。

江崎グリコの社長の誘拐・身代金要求事件や、丸大食品・森永製菓・ハウス食品・不二家・駿河屋などの食品企業が脅迫され、小売店には青酸入りの菓子を置いたという日本全国を恐怖に陥れた事件です。

多くの犯人の目撃情報があるにもかからわず、未解決事件となっています。

この事件での脅迫電話には子どもの声が使われた事実があり、それを元に小説が書かれて、映画も制作されています。

35年前の未解決事件に関して、新聞記者と事件に知らぬ間に関わっていた男が、真実を追求していく姿を描いています。

この映画で、新聞記者の阿久津英士役を小栗旬さん、脅迫電話をさせられた曽根俊也役を星野源さんが演じています。

原菜乃華さんは、事件に巻き込まれた重要人物の生島望役を演じました。

この映画は様々な賞を受賞した、とても注目された映画でした。

その中での原菜乃華さんの演技は、とても好評だったようです。

この映画では、原菜乃華さんが演じる生島望が、電話をかける重要なシーンがありました。

原菜乃華さんは、泣くシーンにおいて感情を作りこむようにしていたため、リハーサルで涙が止まらない状態になってしまったそうです。

すると、そのまま監督が本番に入ることを決め、スタッフが動き撮影がはじめったそうです。

原菜乃華さんは、「なんて温かくて包容力のある現場なんだ」と感じたとインタビューで答えています。

原菜乃華と小栗旬の関係④ 所属事務所が同じ

小栗旬さんは、原菜乃華さんが2018年12月から所属している「トライストーン・エンタテインメント」の先輩俳優になります。

「トライストーン・エンタテインメント」とは、映画プロデューサー・山本又一朗氏が1993年に設立した、本物志向のマネジメントをモットーとした映画製作会社であり、芸能事務所・音楽プロダクションです。

直営には、俳優養成・演技研究所「トライストーン・アクティングラボ」があります。

制作映画

  • あずみ
  • クローズZERO
  • TAJOMARU
  • シュアリー・サムデイ
  • ルパン三世
  • 新宿スワン
  • ミュージアム

所属俳優

  • 小栗旬
  • 田中圭
  • 綾野剛
  • 木村文乃
  • 間宮祥太朗
  • 坂口健太郎
  • 原菜乃華

ミュージシャン

  • BTS(業務提携)
  • MAN WITH A MISSION(業務提携)

原菜乃華さんは初め、2009年にJ-beansのオーディションに合格し、J-beans事務所に所属しました。

J-beansは子役やティーン向けの芸能事務所で、社長の豊原潤子さんは俳優の豊原功補さんの実の姉です。

その後、2014年の初めに研音に移籍し、2018年12月に小栗旬さんが所属しているトラスト・エンタテインメントに移籍しています。

小栗旬さんは、原菜乃華さんに会うと、最近の調子などを気にしてくれ、芝居の相談にも乗ってくれる良い先輩なのだそうです。

原菜乃華さんが声優を務めている、新海誠監督の最新作アニメーション映画「すずめの戸締まり」の現場にも、小栗旬さんが差し入れに行ったようです。

後輩思いの小栗旬さんは、原菜乃華さんを可愛がっているようです。

他にも、原菜乃華さんは所属俳優さんのバーターで、多くの作品に出演しています。

実力があるので、バーターにも選ばれるのでしょうね。

良い事務所に移籍でき、良い先輩にも恵まれ、俳優としてこれからもどんどん活躍していくことでしょう。