【動画】ミルクボーイのコーンフレークネタが面白い!M-1史上最高?

2019年12月22日に漫才日本一を決める大会、M-1グランプリが開催されました。

優勝したのは誰も予想していなかったミルクボーイでしたが、M-1史上最も面白いネタとして語り継がれて行くかもしれません。

今回はM1史上、最高得点を記録したミルクボーイのコーンフレークネタ動画を見ていきましょう!

【動画】ミルクボーイのコーンフレークネタが面白い!

ミルクボーイはM-1グランプリの決勝一回戦目のネタとして、コーンフレークネタを選びました。

削除された時用にツイッターの動画も載せておきます。

ミルクボーイのコーンフレークネタがM-1史上最高得点を記録!

なんとミルクボーイはコーンフレークのネタでM-1史上最高の得点、681点を叩き出します。

681点の内訳はオール巨人「97」、ナイツ塙「99」、立川志らく「97」、サンド富澤「97」、中川家・礼二「96」、松本人志「97」、上沼恵美子「98」となっています。

みんながほぼ満点に近いですね!

歴代2位の得点は2004年のアンタッチャブルが出した、673点。

 

ミルクボーイの方が8点差も上回っているので、いかに圧倒的な得点だったかがわかりますね。

ミルクボーイのコーンフレークネタに対する審査員の評価

M1グランプリの審査員の評価を見ていきましょう。

松本人志

あのなんでしょう。いったりきたり漫才。なんか揺すぶられたな。これぞ漫才っていう、久しぶりに見せてもろた。コーンフレークにミルクボーイでかかってしまった

上沼恵美子

大阪の方なんですか。初めてです。一番笑いました、ネタのセンスが抜群ですよ。この角度を持ってくるっていうのは。考えられない顔立ち。新しい。ホンマに出てください

ナイツ塙

誰がやっても面白いネタプラス、この人達がやったら面白い。僕らも1回こういうネタを考えたことがあったんですけど、こんなに面白くできなかった。人と言葉の力とセンスが凝縮されていた

サンド富沢

おじさんが、コーンフレークだコーンフレークじゃないっていうので笑えるのが一番よかった

ミルクボーイのコーンフレークネタの影響であるキャラがtwitterトレンド1位に!

ミルクボーイはコーンフレークのネタの中で、ケロッグのキャラクター・トニーザタイガーを思わせるような話を展開。

コーンフレークネタということもあり、一時はケロッグがtwitterトレンドで1位になるほど盛り上がっていました。

 

すかさずケロッグの中の人も反応と、お祭り騒ぎだったようです。

これだけ盛り上がっていたら、ミルクボーイはケロッグのCMが決まるんじゃないでしょうか?

 

ミルクボーイは最終決戦のネタに『最中』を選びましたが、一回戦目の『コーンフレーク』が強烈すぎたことが優勝につながったんだと思います。

コーンフレークの得点が出た段階で、会場の空気がミルクボーイに向いていた気がします。

今後の活躍に期待ですね!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="2,4"