滝沢カレンはウクライナ人とのハーフ!本名は宮沢まりなだった!

モデルの滝沢カレンさんが、実は芸名だったことについて

 

・本名は『宮沢まりな』?!

・滝沢カレンはハーフ?!

・芸名を付けた3つの理由

 

などの情報をまとめたいと思います。

 

滝沢カレンの本名は「宮沢まりな」だった!

出典元:デイリー新潮

ファッション雑誌『JJ』の元専属モデルだった滝沢カレンさん。

抜群のスタイルと美貌の持ち主ですが、天然な発言でバラエティー番組でも活躍しています。

いろいろな番組で見かけることが多く、その名前もすっかり知れ渡っていますね。

そんな滝沢カレンさんの本名が、『宮沢まりな』だったことがわかり意外との声があがっています。

 

 

どうして本名が判明したのでしょうか。

経緯を見ていきましょう。

 

「まりな」はさんま御殿で暴露!

2021年8月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に滝沢カレンさんが出演されていた時のこと。

この日は出演者たちとのトークで本名か芸名かという話題になりました。

滝沢カレンさんにトークを振られた際に、『滝沢カレン』は芸名だとコメント。

MCの明石家さんまさんから『本名は言ってもいいの?』と質問されて、下の名前だけなら、と本名は『まりな』だと答えました。

 

「宮沢」は母親の苗字で判明!

下の名前は公開したものの、本人から苗字についてはっきりコメントしたことはないようです。

しかし、滝沢カレンさんの母親の名前が『宮沢さゆり』であることがわかっているため、苗字は宮沢で間違いないだろうと言われています。

 

 

 

滝沢カレンはウクライナ人と日本人のハーフ!

滝沢カレンさんの母親は、若いころにロシア語を学ぶため単身でロシア留学をしたそうです。

そこでウクライナ人の父親出会い、滝沢カレンさんが生まれました。

そのため、滝沢カレンさんは日本人の母親とウクライナ人の父親の間に生まれたハーフとなります。

透き通った肌に彫りの深い顔立ちは、父親ゆずりなのでしょうか。

ちなみに、滝沢カレンさん本人は日本生まれ日本育ちだと公表しているので外国籍ではなく日本人のようです。

 

 

滝沢カレンさんが生まれる前に両親は離婚していたため母子家庭で育ったのですね。

このことから、本名は母親の苗字と同じでほぼ間違いないでしょう。

 

 

滝沢カレンが芸名にした3つの理由!

出典元:モデルプレス

本名の『宮沢まりな』も素敵な名前だと思いますが、なぜ芸名にしたのでしょうか。

いろいろな情報から理由を3つ紹介します。

 

事務所のしきたり

所属事務所のスターダストプロモーションには『変わった名前が本名の場合は芸名をつける』というしきたりがあると噂されています。

滝沢カレンさんの本名はそこまで変わった名前とは思いませんが、事務所の売り方や方針によって何か提案を受けた可能性があります。

 

 

 

見た目に合っていると思う名前をつけた

ハーフ芸能人で芸名を使っている人は多くいます。

見た目に反して古風な本名だった場合、ギャップに驚いていしまいますよね。

 

・ローラ(佐藤えり)

・吉川ひなの(高田愛)

・瀬戸カトリーヌ(奥浦高乃)

 

芸能人はイメージを大切にする職業です。

名前やグループ名はその人を印象付けるための重要な要素になるので芸名をつけることは珍しくないですね。

見た目と名前をリンクさせた方が、名前を売りやすくなるのはあると思います。

 

 

芸名がしっくりくるあまり、本名を知って驚くこともあります。

それくらい名前というのは、その人をイメージづける意味で大切な役割を果たしているのでしょうね。

 

 

 

芸名に憧れていたから

滝沢カレンさんはもともと芸名に憧れていたとの話があります。

芸名というとかっこいいイメージは確かにありますよね。

芸名を『滝沢カレン』した理由については本人が以下のように言及しています。

 

・水にちなんだ芸名にしたかったので『滝』を含めた

・小学生の頃から自分に赤ちゃんができたら付けたいと思っていた名前が『カレン』だった

 

これらの理由をもとに現在の芸名を考えたようです。

まとめ

出典元:リアルライブ

これまでいろいろな情報をまとめた結果、滝沢カレンさんの本名が『宮沢まりな』だということはほぼ間違いなさそうですね。

さまざまなフィールドで活躍されていて、顔と名前もすっかり浸透しているのでもはや本名を聞いてもしっくりきません。

それほど人気ということなのかもしれません。

 

 

現在は女優として活動の幅を広げている滝沢カレンさん、今後の活躍も期待したいですね。