【悲報】ゆたぼんの現在が哀れすぎる件!再生数激減にTwitterアカ消失!

不登校YouTuberとして「少年革命家」を名乗り活動するゆたぼん

2017年からYouTubeで動画を配信し、2022年には日本一周の旅をしていました。

その後、ゆたぼんの現在が悲惨だといわれています

そこで今回は、ゆたぼんが日本一周終了後何をしているのか、現在の状況を調査してみました。

Twitterのアカウントが消失した騒動なども紹介していきます。

ゆたぼん日本一周終了後の現在は何してる?

ゆたぼんは、2022年6月から「日本一周して、全国の不登校児やその保護者らと触れ合って元気づけたい」と、父と共に専用の車「ゆたぼんスタディ号」で137日をかけて日本一周を達成しました。

その途中の動画は、「各地のグルメを食べたり、韓国地で遊んでいるだけの動画が多すぎる」と批判を受けたり、旅の途中で資金不足を訴え「投げ銭」を募って物議を呼んだりしていました。

日本一周を達成して感無量だったゆたぼんですが、支援者の寄付金で用意した「ゆたぼんスタディ号」を即座に売るという行動に出ました。

1.1トントラックは購入や準備に300万円かかったそうですが、想いを受け継ぐ人に譲るでもなく、第2回第3回と不登校児のために活用するでもなく売却に走った姿は、またしても批判を呼びました。

そして今度は、「Twitterにログインできんくなった」と12月22日にインスタグラムで報告しています。

しかし「問題が発生しました やりなおしてください」と表示される場合は、自分でアカウントを消さなければこの表示にならないとの指摘が出ています。

アカウントが凍結された場合は、「アカウントは凍結されています」と表示されるからです。

このため、自作自演ではないかといわれています。

しかし自作自演については、父親の中村幸也さんが反論しています。

もう少し大人なら、穏やかな表現をして欲しいのですが…

以前はTwitterのフォロー数が7800ほどだったゆたぼんですが、新しいアカウントでは27日で1250ほどとなっています。

かなり伸び悩んでいます。

インスタグラムのフォロワーも5500ほどで、YouTubeチャンネルの登録者数は伸びず再生回数も激減しています。

「不登校児」という触れ込みも、中学卒業があと1年ほどとなり、賞味期限が近づき視聴者の関心が失われているのではないかといわれ始めています。

ゆたぼんのYouTube再生数が激減!

ゆたぼんのYouTube再生数は、最近激減しています。

6日前にあげた動画の再生数は4.5万回、11日前にあげた動画は2.8万回となっています。

ここ最近はずっと2万回ほどの再生回数が続いており、YouTube開設当時の動画再生回数300万回から500万回と比べるとなんとも寂しいかぎりです。

ゆたぼんやゆたぼんパパの動向は、ネットニュースでまとめられ、数千のコメントが付くこともあるそうです。

アンチも擁護派も関心がないわけではなさそうですが、動画を見なくても行動を把握できるという弊害があるみたいです。

また皮肉なことに、「ゆたぼん炎上まとめ動画」などの方が、本家より再生回数を伸ばしているともいわれています。

YouTube開設当時の「不登校児」としての訴えがなくなり、学校へも行かず楽して遊んでいる感が拭えないゆたぼん。

学校では味わえない体験をしているといいますが、等身大の14歳の少年として幸せなのでしょうか。

14歳で掛け算の「9の段が難しい」と言ってるようですが、生活に困らないのでしょうか。

大人に振り回されて、「楽しければいい」だけでは今後の人生が辛くなりそうですが…

ゆたぼんのTwitterアカウントが消失!


ゆたぼんはインスタグラムで、Twitterアカウントが消失したと報告しています。

このアカウント消失は「自作自演ではないか」「また、炎上商法か」などといわれていました。

ゆたぼんはすぐにサブアカウントを開設しています。

このニュースはすぐにネットで取り上げられ批判が殺到。

  • 日本の法律で定められている「義務教育」を受けなくてもいいと主張していることから、削除されて当然
  • 現在14歳のゆたぼんがTwitterを始めたのは2019年なので、年齢制限に引っかかったのではないか
  • クラウドファンディングで集めた資金で調達した車を売却しようとしたため、反感を買い通報が殺到したのではないか

などなど…

そういえば、ゆたぼんの新しいTwitterアカウントのフォロワー数は、27日現在1250ほどと伸びていません。

このことから、以前はフォロワーを買っていたのではないかとの疑惑も浮上しています。

フォロワー数は伸びなくても、アンチからのコメントが多く寄せられているようで、ブロックすると息巻いているようです…

自分に心地よい意見ばかり聞いて、批判は受け付けないというのもどうでしょうか。

ひどすぎるバッシングは良くないですが、自分の行動を発信しているならそれについての意見は聞くべきだと思うのですが…

今では、SNSでは辛辣な言葉が飛び交っています。

ゆたぼんパパの言葉遣いがなんだが辛い…

YouTube動画で卒業証書を破るパフォーマンスをして批判を浴びたり、誹謗中傷をめぐる裁判の判決文で「不登校児」のはずが「週の半分は学校に行っていた」ことが判明したりしたゆたぼん。

堀江貴文さんは、「若いだけで注目される奴」と切り捨て「消えていく」と断言していました。

こんなことを繰り返しているようでは、堀江貴文さんの言葉が現実味を帯びてきます…